ハードディスク内のデータに注意

ハードディスク内のデータに注意

パソコン内部にあるハードディスクには、そのパソコンで使ったデータ全てが記録されています。パソコン内のデータを画面上で「ごみ箱」に捨てても、ハードディスク内のデータは消去されず残っているからです。実際にはデータは見えなくなっているだけなので、特殊なソフトを使えば簡単に復元できてしまいます。
なので、パソコンを処分する際にはハードディスク内のデータを消去する必要があります。悪用された場合、何に使われてしまうかわからないからです。一番確実なのは物理的に破壊してしまう方法ですが、自分で解体して壊すのはとても危険なので止めてください。メーカーや販売店などに依頼すると解体して壊してもらえます。
自分でデータの消去を行うときには専用ソフトを使いましょう。パソコン販売店などで入手可能です。

さいごに

パソコンのリサイクルの手順についてはお分かりいただけたでしょうか。「PCリサイクルマーク」が付いているものなら全て無償で回収してくれますから、ぜひ積極的にリサイクルに出してみてください。もちろん、その際にはハードディスク内のデータをきちんと削除して。そしてパソコンを買う際、ほんの少しだけリサイクルに出す時のこと、例えば梱包するときどうかなどを考えて選んでみるのもいいかと思います。迷ったときの参考にしてみる、とか。
パソコンは貴重な資源の宝庫です。正しいリサイクル方法を知って、きちんとリサイクルをしましょう。この次に出会うパソコンには、もしかしたらあなたがリサイクルに出したパソコンの一部が使われているかもしれません。


▲ TOPへ戻る