パソコンの処分、どうする?

パソコンリサイクルはメーカーが全て行いますが、その大元には「パソコン3R推進委員会」があります。ではその「パソコン3R推進委員会」とは、具体的にどのような活動をしているのでしょうか。「パソコン3R推進委員会」について詳しく解説していきます。

梱包と回収方法について

手順一つ目のメーカーに申し込みをしたあとの、手順二つ目と三つ目、「梱包」と「回収」について解説していきます。「梱包なんてできるかな…」と不安に思う必要はありません。いくつか決まり事はありますが、難しいスキルは何もいりません。「回収」は方法が二つありますから、そちらも詳しく述べていきます。

ハードディスク内のデータに注意

パソコン処分の際、案外見逃しがちなのがハードディスク内のデータ。リサイクルの際物理的に破壊されてなくなるとは言っても、大事なデータが入ったまま自分の手元から手放すのは不安ですよね。そこで、ハードディスク内のデータを消去する方法をご紹介します。

パソコン3R推進委員会

壊れてしまったり、そろそろ新しくしたいな…と思ったり、理由はさまざま、パソコンを買い替える時ってありますよね。そうすると思うことが「前のパソコンどうしよう」ということ。下取りをしてくれるところもありますが、そうでないところで買った場合、前のパソコン当然残ったままです。まだ動くものはスペースがあれば家に置いておいたり、誰か欲しいという人が入ればあげてもいいでしょう。しかし、壊れてしまって動かない場合、また置いておくスペースもなければあげる人もいない場合、そのパソコンは処分しなければなりません。
ではさっそく不燃ごみに…いえいえ、ちょっと待ってください。実はパソコンは、各自治体では回収を行っていません。内部のレアメタルなどをリサイクルするためです。そのため、「パソコン3R推進委員会」もとい各メーカーや「パソコンファーム」「リネットジャパン」などのリサイクル企業が回収し、処理・リサイクルを行っています。
ちなみに、標準添付品ではないマウスやキーボード、プリンターやスキャナーなどの周辺機器は「パソコン3R推進委員会」の回収の対象にならないため、各自治体の区分に従って不燃ごみや粗大ごみとして出してください。インクカートリッジはメーカー4社(ブラザー、キャノン、エプソン、日本HP)が「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」としてリサイクルを行っているので、4社の製品を持っている方はぜひそちらに出してください。
では実際のリサイクルまでの手順を解説していきたいと思います。

▲ TOPへ戻る